感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Fri
2012.10.26
00:08
 
いやいや本当に良い最終回だった。
スタッフの全力の悪ノリが楽しいシリーズでしたね。
公式サイトだけではなく、DVDのEPG、ましてや新聞の番組ラテ欄までもが徹底して「金魂」表記。そして再開時の「新」マークだけじゃなく、しまいには「終」マークまでやっちゃうなんて前代未聞なんじゃないだろうか。考えうる限りの媒体をネタにして「遊ぶ」姿勢が凄まじい・・・そんなスタッフの力量を思い知らされた。
ただ、金魂最終話の後の提供の台詞が「お送りします」だったのが惜しかった(笑)

できることならリアルタイムで見たかったな。

以下ネタバレ感想。

 

more

金魂 第4話「主人公とは」
パーフェクトな「個」を主人公と呼ぶか、欠陥を補う他者の「寄せ集め」を主人公と呼ぶか。
欠陥だらけの銀さんは、誰かとつるむことではじめて力を発揮する。その最小単位が「万事屋」だ。逆に言えば、万事屋でいなければ銀さんは魅力を発揮しない。
「すべてのはじまりの4人」は、お妙さんを含めて「万事屋」というわけじゃなくて。
お妙さんは、「銀魂」という物語で新八の願いによって「はじめて」万事屋銀ちゃんに助けられた人物だ。もっともアニメの場合はカトケンじゃないといけないがそこは原作銀魂を尊重するが故のご愛嬌。金さんがはじまりの4人を選んだのは、銀魂1話が成立しない=0に戻ったならば、「銀魂」という作品そのものが成立しなくなるからだ。時間の流れを坂田銀時の人生ではなく、空知さんが描いた物語「銀魂」として見なくてはならない。

女性陣が涙を信じたならば、男性陣は変わってしまったことを正すために剣を金さんに向けた。
あくまでも金さんを主人公として見た場合、華々しく暮らしていたカラクリ・金さんの前に現れたオリジナル(銀さん)が現れ、オリジナルの前ではただの「おさがり」(偽者)にすぎないと思い知らされることで歯車が狂い、ダークサイドに堕ちてしまったためオリジナルに敗れたバッドエンド。
もし、最初のパーフェクトな坂田金時を貫いていれば結果は違ってんじゃないかな。オリジナル銀さんが現れてDVD60巻分の経験は伊達ではないと思い知らされたとき、金さんの心に嫉妬が渦巻いていたとしたら。金魂2話で皆の違和感をそっと聞き耳立てていた金さんの描写は秀逸だった。おかげで金さんの嫉妬心が明確になった。アニメ再開は「銀魂」の墓標にすぎず、「金魂」でもない新たな物語を展開したかった~なんて金さんが言ってたけど、それは結果論にすぎないんじゃないかな。簡単に言えば、負け惜しみ。

新八の台詞とともにエンディングテーマ「ムーンウォーク」が流れるところ、すごく良い!音楽の使い方が神がかってた。
銀さんは孤独に陥ると感情を表に出すのか、金魂篇ではやたらと表情が豊かだ。散々忘れられても、その矛先はいつだって金さんに向かっていて、決して見知った連中に危害を加えることはなかった銀さんの傍に新八や神楽の力強い言葉を聞いて安心した表情がもう・・・!!
いつだって誰かのために無茶をして、誰かのためにたった一人で奮闘する銀さんだけど、やっぱり誰かが傍にいなくちゃならない。寂しがり屋の銀さんが、他の誰かの存在の重みを思い知った物語でしたね。同時に神楽や新八も、ついでに視聴者もそれは同じことで。

まんたま 第一本「男の剣」
萌えアニメの体をしていながらいろいろ酷くて笑いが止まらなかった。
要は「ない」ってことか。


銀魂 第256話「ただいま」

「俺が手を下さずとも、不完全体はいずれ滅びることになるだろうよ」
この台詞を吐く金さんの表情が印象的だった。言葉に反して後悔しているかのようじゃないか。先週の銀さんの「だが悪い気分じゃねえんだ」のあたりの寂しそうな表情からの笑みといい、金魂篇はキャラの表情がとても良かった。

新八と神楽が金さんのために頭を下げるシーンが大好きです。

皆の「おかえりなさい」からサブタイ「ただいま」までの流れは、主人公銀さんの帰還だけではくアニメ銀魂再開での「おかえりなさい」と「ただいま」もかけてる。ついでに金魂1話の誰も返事を返さなかった銀さんの「帰ったぞ~」の答えでもある。銀さんが欲しかった返事がここにある。


ただまあかと言って銀さんが金さんのような良いリーダーなわけじゃないってのが銀さんバージョンの「LET'S GO OUT」でよく分かりますねw お金拾って嬉しそうな銀さんが可愛い。銀さんと新八・神楽と一緒にいる安心感がすばらしい。



金さんは源外のところにいるので、再登場は普通にあるんじゃないかな。もっとも空知さんの気分次第だが。こんな大迷惑かけた相手でも受け入れる、そんな器の大きい存在が「銀魂」だ。



次週はよりぬき銀魂さん「己の居場所は己で作るものなり」とのこと。
今回のよりぬきは3年目からチョイス。前のよりぬきが1・2年目中心だったけど、3年目からを中心にやったりするのかな?

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(1) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎銀魂第256話「主人公とは」

ギン:なにやってやがんだ。~サチ:止めなよ男子!~ツクヨ:ワッチたちの班に入れてあげてください:みたいになっちまうじゃないかサチ:私の知ってるキンさんなら引いてくれる...
ぺろぺろキャンディー【2013/01/28 02:29】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.