感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2012.05.21
22:18
 
山口は部分日食だったけど無事に見ることができました。部分とはいっても下のほとんどがかけてた。
台所の窓が太陽が見える位置だったおかげで、朝ごはん作りながら見ました(笑)

そういや、今日キッズステーションの銀魂1期再放送の直前に来月から放送されるアニメ2期「銀魂’」のCMをやってましたね。楽しみ!
だがなんつっても3期を願う!

そんな記念すべき日のWJネタバレ感想

 

more

記念すべき400回めは日常風景。いつもの銀魂。いつもの銀さん。
幕府で問題が起こっていようが、捕えられた前将軍が暗殺されようが、庶民の暮らしぶりは何も変わらない。囚人だろうが変わらない。

「何も変わらなかった」ことがこの場合良かったのかどうか。



それはともかく。


漫画描くときにはベレー帽に眼鏡を欠かさない鯱と、鯱との面会にもやはりそれを欠かさない銀さんの関係がなんともかわいい。漫画という建前を持ちつつも、こうやって鯱との面会を欠かさないから銀さんは慕われるんだと思ってる。鯱なんて、もはや凶悪犯には思えないもの。
「変化」するのは何かしら変わりたいと願う者こそが変化すると思ってる。銀さんと関わることで鯱が変化したというのなら、それは鯱自身が変化を望んでいたからじゃないかなあ。銀さんが強制的に変えたわけではなくて、だ。

刑務所の医務室の鳴滝先生に惚れた鯱の奮闘が今回のメイン。自分の書いた漫画を笑ってくれた、その一点で惚れてしまうんだからなるほど確かにプラトニック。ただそれを受けた銀さんの台詞は、先週までまさしくプラトニックなラブの鈴蘭と舞蔵の逢瀬に手を貸していたとは思えないような言動に笑った。銀さんの言うことは、要はラブチョリス同様にすーぐに直接的な関係を望むということ(笑)

鯱はピュアな感情を漫画にぶつける作風だった・・・が、そこにアドバイスあるいは漫画に勝手に手を加えるということは、つまり担当編集みたいなものということなんでしょうかねw>サブタイトル。
どちらにせよ作家には迷惑な話なんだよという作者の心の声が聞こえてくるかのようなお話でした。銀さんはシナリオ担当に変更されたハズだが、今回読む限りではだいぶシナリオ作業から遠のいてしまってるんだね。

鳴滝先生がしきりに長宗我部を連呼したりはぐらかせたのは、最初から鯱の好意に気づいていたからで(何せ分かりやすい)それを漫画という形でオブラートに包んでやんわりと断り続けていたのに全く気づかないどころか挑戦状を叩きつけてきたので最終的にはっきりとバカでも分かるよう証拠の写真まで出した(笑)。銀さんにしてもある種余裕ぶっていながら女心にはまるで気づいていないんだよね。この鈍感さにも笑った笑った。あっちどっちでわけわかんなくなる件とか、ホントかわいいな~この人たち。
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。