感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2012.01.17
00:18
 
バラガキからこっちずっと面白いんですが!

 

more

山崎の恋から始まる騒動が今回のお話。
あんぱんあんぱんあんぱんあんp(ryの回同様に、山崎は自分が優しくされるところっと騙されてしまうらしい。ただし、たまが優しくしたのはレジという機械相手だったのを山崎が勝手に自分が優しくされたように妄想しただけだったという(故にたまは山崎を機械の敵と認識)。ていうか、あのレジ、大量のあんぱんをチマチマ一個ずつ打たなきゃ認識しないの?めんどくさいな。

「アホか。攘夷に参加してた連中全員しょっぴいてたらキリがねーわ」
白夜叉だと自らばらしたバラガキ篇ラストの銀さんの描写の補完台詞。改めて、現在攘夷活動をしていれば逮捕理由にはならないということの確認ですな。

「過去は知らんが現行犯なら話は別だ。接触と同時に不穏分子は種ごと刈りとれ」
桂同様に現行的に攘夷活動を していれば 逮捕できる。設定説明に念には念を押すなあと思ったが、考えてみたらこれは銀さんへの日ごろの復讐でもあるかw

「根っからの監察スタイルが身にしみついちゃってる!!」
それはオクテと言わないか?

「近藤さんに恩を売れるし、土方さんの狙いも打破できるし、山崎を一生手駒にできんならこっちが得策だろィ」
沖田の真意を端的に示した台詞だw そして万事屋連中を使って遊ぶとそういうことですね。山崎に向けた血走ったウィンクに笑った。

「ホラ見ろウチの娘もこう言ってるしお帰り願えますか」
たまをお登勢さん同様にウチの娘と呼ぶ銀さんに萌えた。そうか、たまをそう認識してるのか。対して新八と神楽は「看板娘」と呼んでる。本当の家族ではないが家族的なあり方のお登勢一家の振る舞いが大好きです!ていうか、キャサリンはどこいった(笑)

結局山崎とたまの政略的(と見せかけた沖田の暇つぶし)お見合いに同行することになった銀さんたちは、要はタダメシ食らいたいだけだろうw
案の定嵐が巻き起こりそうなお見合いは以下次号を待て。
ここ最近のたまは健気でとてもかわいらしかったです。まあ、敵と認識された山崎は可哀想だったけど、仕方ないかなあ(笑)

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。