感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Tue
2012.01.10
22:17
 
今回から新オープニング&新エンディングです。


・ワンダーランド
ワンダーランドワンダーランド
(2012/02/08)
FLiP

商品詳細を見る

サビが真選組でした(でもCDの描きおろしイラストは攘夷4人)。新キャラも登場して、今月末から放送予定のバラガキ篇が楽しみです。原作の扉イラストが元になっています。近藤さんと沖田も同じ状況で配置されているのが、原作イラストの補完になってるのが良いですな。
銀さんのそばに神楽と新八が、続いて馴染みのメンツが集まっているところがお気に入り。

・仲間
仲間(初回生産限定盤)(DVD付)
オープニングと違うのは、銀さんと直接面識のないキャラ(ジャッキーなど)がいるところでしょうか。この場合、銀さん=「アニメ銀魂」の象徴ということになる。しっかりアニメオリジナルキャラもいるのが嬉しかった(新シリーズが始まったとたん黒歴史化するものもある)。
サビになると銀さんの表情が笑みに変わるのが良い!
ていうか、終わっちゃうんだ~と思ってしまうような感じで、ちと寂しい。割とシンプルな描写なのが余計に寂しくさせてるような・・・


てなわけで感想。

 

more

声優の宇垣秀成さんがご出演されると、アニメ銀魂だと実感するのは私だけだろうか。前シリーズ初期でのモブ役といえばこのお方。というわけで、アニメ銀魂に花子っていうか八郎が久しぶりに登場。

見た目がおっさんな格好だけど、乙女の恥じらいも見せて、そのくせ狂死郎を撲殺するような振る舞いをするお妙さんが面白かったです。


ネタ的に懐かしいものから意味が分からない人は全く分からないであろうマニアックなもの(短冊とかw)、BASARA、変なおじさんなどなどいろいろありました。変なおじさんなんて、私が学生時代に流行ったのを覚えているっていうか歳がばれる(笑)空知さんと同年代のオタクなら楽しめる話題がたくさん。

ホストな銀さんがかっこよかった。
が、先週の六股騒動がさめやらぬなかなのでマダオと一緒にローサとデキ婚うんぬんはなんか微妙な気持ちに(笑)酒呑んで忘れたか。ある意味酒呑んで全てを忘れて元通り生活できるならそれがものすっごく理想的だよなあ、と。実際は酒が冷めたら思い出すからなw

で、万事屋メンツの息の合ったホストっぷりも面白かった。仲良いなあお前らは。今後の某長編を思えばこの「日常の万事屋」の描写が生きてくる。

土方さんのレッツパーリィィィ!は夏の桜祭りイベントでの中井さんを思い出しました。ちゃんとやってくれたのが嬉しかったです。ていうか、ほんと銀魂はフリーダムだな。

それにしても、母ちゃん話で終わっとけば良い話に出てきた単発キャラで終わっていた狂死郎さんが、再登場時には(正確には四天王篇にも出てはいるが)しっかりギャグキャラになってるのが銀魂らしい。なんていうか、ある意味通過儀礼のようなもんで、おかげで狂死郎は晴れて銀魂世界の日常風景に溶け込むことになる。(それを思えば月詠は想像以上にレギュラーキャラ化したなあ、と)そういう世界観もまた大好きです。

次回はホスト話の続き。
原作は割りとあっさり終わったと思ったらアニメでは(いつもに比べて)じっくり描写している印象。
面白かったです。


スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.