感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Mon
2011.11.21
19:56
 
一目見てそれと分かるパロディ、ぱっと見で分からなくとも知ってる人は知ってるネタ



アニメ「銀魂」のストーリー

を同時にやってのけたなあ。
本来丁寧に1クールは費やすだろう状況描写をぜーんぶ説明台詞で端折ってるのはご愛嬌。
それが目的ではないから(笑)
いきなり最終回っぽくて、ひたすらサンライズらしいロボアニメに全力を尽くしていた印象です。
原作者がそのためにサンライズにネタふりしたんじゃないかと思うくらいw



 

more

アムロの流れでシャアを出す。
ジャッキー・チェンとサモハンの吹替声優をお二方連れて来る銀魂スタッフなら絶対お約束は裏切らないと思ってた(笑)
いやホントに、全力でパロディをやるからこそ面白い!!
アムロ、いや古谷さんが銀魂式つっこみやってるよ・・・

サンライズだから権利関係うやむやに~といった前回の台詞は真実なんじゃないかな!

で、なんだか作画的にも面白かったようで。そのあたりは不勉強なのでよくわからなかったけれど、どんなネタでも盛り上がっててなんか嬉しい(笑)作画関係の方のタイムラインを追うのが面白かったです。


銀魂 かぶき町 絵札 コレクション (BOX)銀魂 かぶき町 絵札 コレクション (BOX)
(2011/12/31)
バンダイ

商品詳細を見る


数日前に画像が公開されたジャケットにカイエーンが描かれています。
原作のカイエーンを思えば激しくかっこよくなってる(笑)ロボットアニメのサンライズの本気を見た!
ガンダムと勇者シリーズと、両方のパロディが見れるという素晴らしくお得な時間でございました。
カイエーンの挿入歌も笑ったwここは絶対昔の子供向けアニメの主題歌的な楽曲が使われるとにらんでたっ!全くもって想像通りのアニメ化でしたっ!「ふきでものゼーーットッ!♪」てか歌詞ひでえなw

しかしまあ、ガンダム頑侍と米堕のバトルシーンや、カイエーンの合体シーンは、正直銀魂ではなく別のアニメを見てるようでした(笑)合体時のエフェクトがとにかくすごい!ガッチャガッチャ言うたびにいろんなエフェクトがついててとにかく細かい。
ヅラが出てきて、ああコレ銀魂だったよね、と。

サンライズだからこそのアニメ版でした。



「空の星」
空の読みはこの場合「から」と読む。中身のない空っぽの様子は、部下に裏切られてたった一人になった米堕を指す。
そして同時に、素直に「そら」と読めば<希望>の意味も見出せてしまう。敵味方だったハズのヅラと江蓮の友情が成り立ったのがそれを象徴する。ファミコンごときで簡単に寝返ったのはギャグになってるけど、要は少しでも地球に何かしら(坂本や陸奥曰く)「利益」があれば戦いたくない戦う必要がないということ。成り立ちが違ってもどんな些細なことでも利益があるのであれば、無理につぶさずに共存してけばいいじゃない・・・って、何気に銀魂という作品のメッセージでもあると思ってる。この場合、部下を道具と思い込んでいる米堕とは真っ向から対立しているわけです。エリザベスの皮をかぶったものたちが声を出すのは、米堕から反逆するという分かりやすい意思表示であり、だからこそテンポがそがれようが音声を排除して常にプラカードで会話する必要があったわけです。で、その先陣をきったのが江蓮だった、と。
ガンダムとかアムロとかシャアとかカイエーンとかそういうのに隠れてるけれど、しっかりとストーリーラインがあるから良いのです。まあ、説明台詞がひたすら多かったけれど。

それにしても来週も楽しみっ!
カイエーンの活躍を早く見たいなっ!


スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.