感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.11.14
20:28
 
銀魂―ぎんたま― 41 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 41 (ジャンプコミックス)
(2011/09/02)
空知 英秋

商品詳細を見る


原作通りっていうんだからすごい。
ウォーリーを探せ的にいろいろやったら面白いみたいですね。
ナルト、タイバニは自力で見つけた。
どうやらフレイ(種)もいたようで。
逆に言えば、何も装飾(?)がない江蓮は無個性なのね~
まあ、没個性的なエリザベスの皮に個性的な髪型なり装飾(そこで他との区別・・・個性を発揮)なりがそれぞれ施されているのであれば、アルザベスにふきでもの新八がいたところで気づかないんじゃね?装飾の一種だと思うよ絶対(真顔)


 

more

「君は生きのびることができるか?」

「『君は』というか このアニメが生きのびることができるのか?

の予告と提供の柱の掛け合いに笑った。
特に今は切実だ。



ともあれ、ガンダムネタをここだとばかりに力を入れていたのに笑わせていただきましたw
特にファーストのOPの歌詞「ガンダム♪」が伏せられていようともバレバレで意味ない!
古谷さんが出るのは知っていたけれども、いざ実際に放送されているのを見るとすごいテンションあがってしまったぞ!こういうお約束ははずさない銀魂スタッフがとても素晴らしい。

ということは、Aパートで銀さんの中の人のアムロの声真似はご本人の前でやったのかな(笑)このあたりの裏話をぜひとも聞いてみたい!

ヅラのガンダム頑侍での出撃も笑った。アスラン、出る!じゃなかったのが残念(笑)

ちょっと気になったこと。
江蓮の地球での回想シーンの中にエリザベス初登場回15話(飼い主とペットは似る)があったんだけど。
てことは、つまり最初から(以下略)
で、紅桜篇で苺牛乳を見て涙をぽろりと流したときのヅラとの回想シーンもあるんだが、これはいれるべきじゃなかったと思うなあ。まあ情報をアレしていたと思えば(以下略)
とはいえ、カツラップをやっていたエリザベスが古谷声だと思うと無性に笑いがこみ上げてくるのはなんでだろうw


攘夷戦争中にいかに戦って<生き延びた>のか、それをちらっと垣間見せるような銀さんや坂本、ヅラのやりとりが興味深かった。このあたりは予告なり提供なりで思わせぶりに語っている。UNOならぬ宇野やって出撃前の仲間の緊張を解すやり方は、別の意味では戦での敵との駆け引きの仕方の訓練でもあるんだろうし、それとなく自然にやってのけたからこそ「カリスマ」として皆を引っ張っていけたんだろう。ギャグとして描写されてはいるけれど、それだけではないような感じです。

「わしにとっちゃあ、あのガラクタ、ギンギラギンのお宝じゃきにのう」
攘夷戦争を途中で離脱して宇宙に上がった坂本にとっては、高杉もまたお宝のひとり。坂本なりの戦い方は、商いをして天人と地球双方に利益をもたらすこと。全部ぶっこわしたい高杉とは考え方が異なっていても、今現在桂や銀さんと別行動をとっていたとしても、自分にとってはお宝だ・・・こういう考え方が違ったり別行動をとっていたりしていても大事な奴らだ~というのは、とても理想的なんじゃないかな。バカっぽく見えてもとんでもなく器がでかい男だ。
このあたりは、昨日キッズステーションで新訳紅桜篇を放送したので余計に面白く感じました。
ていうか、左端の近藤さんの髭が濃くなったようなキャラは誰なんすかね。



そういえば中盤の銀さんのアクションシーンは佐藤陽子さんっぽかった。アクションといえばやっぱり佐藤さん。

次回はアムロじゃなかった江蓮ナレーションで「空の星」。
江蓮が古谷さんとなれば、米堕の声もとても気になりますなw
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。