感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.10.10
19:05
 
子供向け対象のCMが放送される中でのこの内容はチャレンジャーだと思った(笑)
それが可能な世の中ってまだまだ捨てたもんじゃありませんな。

そんな今週の銀魂感想。
 

more

一番人気の主人公自らマッパでモザイクという汚れ役を買ってでる、それが銀魂。



面白かったけど同時に普通にドン引きした(笑)。特に縦笛をぺろぺろなめまくる近藤さん・・・キモい、キモいよ!!タッチペンなめまくるモブは論外。ていうかオタ芸といいそういったオタクたちの描写が妙に力入ってるのは何故だw
すごいなあ、こういう内容を祝日に放送するのはさすがwチャレンジャー!!
これが放送できるんなら六股篇なんて全くもって大丈夫だというのがよく分かりました。
楽しみにしておこう。

童貞が幻を作り出す~といった近藤のセリフで一瞬映ったのは澪かっ。前の監獄話のAVのパッケージもそうだったし、これから本編登場予定ののぶたす(アニメでもぜひやってほしい)といい(ネタバレにつき反転)この子がお気に入りなのかなあ、と。

新八の照れっぷりがこっちまで伝わってきて見ているこっちが非常に恥ずかしかった。
エロメスといい、大人しい風を装って積極的に可愛さをアピールするタイプが好みなのは変わらないらしい(こういう細かい設定は何故か一貫してる)。


本編はミイラ捕りがミイラたちを救ったけれど自身はミイラになってしまうという悲しいオチ(笑)で、コミックス版でした。ミイラと化した新八を救えず二人とも戻ってこれなかったWJ版は貴重なので保存しておこう。

愛チョリスという恋愛の疑似体験に対して<本物の愛>を語る銀さん(この場合精神論というよりは具体的なそれ)。
だが彼が相手にしている女は所詮偽者の存在だった。相手を諭しておきながら、その実自らが擬似恋愛の渦中にいたのをすっかり忘れてしまった彼は、やがて愛チョリスが生み出す擬似空間に飲み込まれていった・・・それが本当なのか偽者なのかはもうどうでもよくなっていたのが悲しいなあ(要はヤれればそれでいいw)。だからこそ「ゲームオーバー」と表示されたのは分かりやすい演出だと思いました。最初は誰よりもドン引きして誰よりも冷静でいたので余計に悲劇性が増している(笑)

ラストの「さあて、週末の熱海旅行のために彼氏力でもためるか」のセリフは中の人のラブプラス好きを知ってるだけに余計に面白かったw


さて来週は神楽の携帯話。予告の神楽が超可愛かった!
楽しみです!!
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。