感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.09.19
19:40
 
銀魂―ぎんたま― 40 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 40 (ジャンプコミックス)
(2011/07/04)
空知 英秋

商品詳細を見る


今回「おばけなんてないさ」♪が出てきたのはなぜか。40巻を読めばだいたい分かる?かな?

さてエンディング。
今日はプリンでした。


 

more

ラストで銀さんに投げられたプリン。それは銀さんへの報酬なんだろう。
誰から?鯱か、葛之助か、看守たちか、囚人たちか・・・物語の作者から主人公への<たいへん良くできました>の認定証にも見えました。扱いが悪いのはご愛嬌。
ていうか、でかくないかアレ。



アバンの爺さんから息子に宛てた手紙と、Bパートで葛之助から爺さんに宛てた手紙が対になってます。全体的に爺さんから葛之助へ、葛之助から爺さんへの手紙を通した会話だった。直接会話できないあたりが葛之助のひどく不器用な面をうかがわせる。銀さんはその仲立ちをした形です。

爺さんはいつの時点で気づいたのか。もしかしたら、既に手紙の主は自分の息子ではないかもしれないと薄々感ずいたかもしれない。決定打は葛之助からの手紙だ。ワープロ等でタイプした文字ではなく、直筆で書いていたからこそバレてしまった。ほんと、不器用なバカだなあと思った。
孤独で看守として右も左も分からない状態だった葛之助が、爺さんを慕ったのはなぜか。長年囚人として生きてきたひ弱な爺さんが、若くて強い極悪犯がたくさん居る中で牢獄の中で処世術に長けていたからだ。手紙で告白した内容は、お世辞にも正しいとは言えない。むしろ力で相手をねじ伏せなければならないことで、常に自分が看守長として狡猾で、しかも肉体的にも強くあらなければならない義務だって生じてしまう。年齢とともに力だって衰えてくるだろう、相手に自分の不正がばれてしまったらごまかさなければならなくなってしまう。

爺さんとの手紙は、葛之助が爺さんに求めた逃げ場だったのかもしれない。
囚人たちの反乱が起こっても最後まで極悪看守長を貫きとおした葛之助だったが、一切の責任を取る形で辞めてしまった。

悪徳看守長としての葛之助がたくさんやっていた不正のひとつに<爺さんとの手紙>が存在する。

囚人からボコられ、全ての責任を取る形で辞めたことが葛之助に与えられた因果応報だ(あれで悪徳看守長としての責任を全部とったとは思わないけれど)。

でもやり残したことがあった。結局は息子と偽って文通を続けていた爺さんからも逃げ出してしまったことになる。
葛之助が辞めてしまえば自ずと息子からの手紙は届かなくなる。そのための準備として事前に<自分の名前で>息子が手紙が出来ない状態だと書いてはいるけれど、息子からの手紙とやらと同様に直筆の手紙だったことで中途半端なんだよね。ある意味言い訳のようなもので。
そんな葛之助を銀さんが引きとめたラストは、銀さんらしい主張でした。一度決めたことは最後の最後までやり通せ、と。相手にバレたらその時点で責任を取ればいい。責任を取る場はあくまでも相手(爺さん)の目の前だ。だからこそ、銀さんは看守たちや囚人たちを銀さん自身の立場を利用(みなさんすっかり銀さんを慕っちゃってまあ・・・)して葛之助を爺さんの前に連れて行った・・・


ひどく不器用な悪徳看守長殿と長年囚人として過ごしてきた爺さんとの交流は、たぶん端から見ても心温まる心の交流なんてものには見えなかったハズだ。一見良い人っぽく見える爺さんも何らかの罪を犯しているから200年以上の刑期があるんだし。でもラストでは力技(銀さんがひと暴れする)で良い話に落ち着いてしまう。強引としか言えない物語展開なんだが、何故か不思議と見入ってしまいました。面白かった。普通に良い人同士の物語にしないところがひねくれてるというか。




Aパートで銀さんと鯱がワンカットで小走りの仕方がいろいろ変わるのに笑った。ここからパジャマっこまでの一連の描写はテンポが良かった!原作ではよく分からなかったパジャマっ子銀さんが持ってた謎の紐らしきものは蛍光灯の紐だったか。謎が明かされた(笑)。てっきりおばけの尻尾か何かかとばかり・・・。

鯱の名前を徹底的に間違う銀さんだったが、看守長の不正を暴く過程で銀さんと行動を共にしたことにより鯱はすっかり銀さんを兄貴として慕うようになる。銀さんのボケと鯱の突っ込みにとても和んだw後日談のアニメ化がとても楽しみです。
前回銀さんが仁義を語り、鯱が銀さんを兄貴と慕ったおかげで、鯱の舎弟の連中もすっかり大人しくなっていたのも面白かったです。鯱もまた舎弟たちに影響力があるんだろう。細かい描写だが、囚人たちが看守たちと協力しているシーンは少しグっときました。


鍵を盗んだ犯人として最初に銀さんを見せておいて実際に犯人として出てきたのは別の囚人だったわけだが、囚人が無線を通してしゃべる声が銀さん役の杉田さんにそっくりでびっくりでした。
鍵を盗んだのは銀さんも一緒だが、他の囚人も同じことやってたおかげでうやむやになってるw




次週はスケダンとのコラボ回です。何気にスケダン側のコラボCMが前に来ていたり、スケダンのグッズCMもあったりとで、「来週のこの時間はスケットダンス!」のボッスンのセリフが強調されてる(笑)なんという自虐。
今週のジャンBANGでもコラボがとりあげられるようです。楽しみだ!
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。