感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.09.05
20:15
 
メモメモ

あにてれ 銀魂×スケットダンスコラボ記念!スペシャルプレゼント!
銀魂版 → 9月26日(月)夕方6時放送
スケットダンス版 → 9月29日(木)夕方6時放送

今週号WJにも情報が掲載されています。カラー2ページ、銀魂アニメ情報「タマメディア9月号」のモノクロ1ページ(コラボネタに関してはちょっぴり)。
「アニメで悪ノリしちゃったらごめん!!」(タマメディア9月号より)だそうです。確かにそれぞれ1話分しかないのでアニメでやるには尺が足りないはず。いろーんな意味で楽しみだw
スケットダンスはぶっちゃけ1話以降録画してるが全く見ていないので、この機会にまとめて見てみようかしら・・・

さて今週のエンディング。
こたつでくつろぐブルー霊子でした。
なんだろう、「ようこそ、青の世界へ・・・」なんて言ってるように見える(笑)

以下感想。

 

more

ブルー霊子の話は好きなので結構楽しみにしてました。
が、一番笑ったのはオープニングの方だったw
ラストでどうも画面と音楽のテンポがあってないな~なんてぼんやり考えながら見てたら、万事屋がキメの「だ、だ、だ!」でまさかの事故。今回のキーワード「ブルー」を組み込んだ形なのか(笑)2年目67話「走り続けてこそ人生(Aパート)」のオープニングで派手に事故ってたのを思い出しました。

声優ネタ的にも面白かった。
ブルー霊子はまさかの沢城みゆきさん!途中沢城さんっぽい雰囲気はちらほらあったけれど、確信できなかったんだよなあ。
源外役は現在ご病気のため療養中の青野さんの代わりに島田敏さんでした。1年目11話で若かりしお登勢さんに惚れていて、かんざしを返したがっていたおじいさんをやってた方ですな。

今回はちょっぴりホラーテイスト。
かといって4年目の神楽の眠れないアルに比べたら実験的テイストは抑えられてた。ちなみに153話「寝る子は育つ」は銀ちゃんと神楽の会話部分はラスト以外BGMが全く使用されておらず、逆にSEが効果的に使用されていてホラーテイスト満載の私的お気に入り回なのです。
それに比べちゃうとなあ、大人しいかなあ。大人しいというか、特にBパートのテンポがやたらとゆっくりすぎて初見ではあんま面白くなかった。サクサク読み進めてそのたびにドーン!と死にかける~といったメリハリは原作のほうが上だと思った。まあ文字にしちゃうと一瞬で読み飛ばせるけど、アニメだとセリフをしっかり聞かなくちゃならないからなあ。

ちょっと原作語り。
ここではブルー霊子のコタツをめぐった過去のトラウマそのものも怖いけれど、同時に客観的に見てカーナビの機能を無視した画面いっぱいの文字そのものも事故の原因になってる。
ナビゲーションを主眼としたものが本来の役割を無視して地図を文字で一杯にしてしまうと、つい読んでしまって画面に釘付けになりそれだけで前方不注意で事故の元になる。そして画面いっぱいの「ジュージュージュージュージュー・・・・・・・」は文字の見た目の恐ろしさだ(アニメでは霊子の語りに文字がなくて残念でした)。結果的に銀さんは画面に注視してしまい完全前方不注意で道なき道を走ってしまうわけです。ナビがナビとして使用者(この場合銀さん)の目的を果たすための機能を放棄して、ナビ=ブルー霊子はただひたすらに自分の目的のみを果たそうとする。得体の知れない相手のために大金はたいてしまうほど人の良い銀さんは相手がヘンだと分かっていてもついつい惑わされてしまうのです(今回はそれがギャグになってる)。

そんな中、アニメではブルー霊子のトラウマの原因が「コタツと翼と野島珍二のトラウマ」に増えてました。
原作ではブルー霊子自身が焼かれているのに対して、ちぎれた羽の一部と部屋~というように表現が若干マイルドになってる(そのままそこに居れば助からないのは一緒だけど)。確かに人が焼かれるシチュエーションはテレビの表現としてアレなんだろう。霊子が翼をやたらと折りたがる動機付けも一緒に足されています。
ただあえて言うなれば、なぜ野島まで足した(笑)

まあそれはそれとして。



2回目に見ると普通に面白いのが不思議(笑)



回想シーンの男の肩が妙に気になってしまったんだが。来週の話を思えば肩パッドにしか見えなかった(笑)


最初のしずかちゃんジャイアンうんぬんは下ネタ全開で笑った。
カーナビの地図が血でいっぱい、右折ばっかで「どこ右折してんだー!」には笑った。
「左折」で銀さんを殺すべく声色が変わるのも面白かったです(ここが沢城さんぽかった)。こえーよ。
最初のほうでやたらとビビる銀ちゃんが可愛かった。定春に顔をうずめてる仕草は大人の男のものとは思えない(笑)
野島伸司って懐かしい。「あんちゃん」はフジ系ドラマ「ひとつ屋根の下」(野島氏脚本)のネタですな。

で、「うわー空って、こんなに、青かったんだ」で青い湖が印象的なエンディングに移るので、そのままあちらの世界に連れて行かれたように見えてしまったぞ!ここでいったんCMに入らない流れが上手かった。だからこそこたつに入ったブルー霊子が「ようこそ青の世界へ」なんて言ってるように見えてしまう(笑)この場合「青」とはあちらの世界のこと。

今にして思えば今週は最初から最後まで一貫して事故ネタだった。
事故には気をつけよう!!オープニングの事故で恥ずかしいなんて言ってる場合じゃないぞ!何気に教訓的なお話でした。


さて来週はプリズン回。
鯱が良いキャラしてるんだよね。
楽しみです!











スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。