感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Tue
2011.08.30
00:35
 
銀魂 コミックカレンダー2012  (SHUEISHA コミックカレンダー2012 )銀魂 コミックカレンダー2012  (SHUEISHA コミックカレンダー2012 )
(2011/11/17)
空知 英秋

商品詳細を見る


描きおろしありっ!
楽しみっ!

今週号銀魂があまりにもあまりにもだったのでいつもより早く感想投下。
気が早いがアニメで見たい。

 

more

まあ、いつものパターンではあるけれど。

彼(彼女)の過去はああでこうでそうでした・・・長編には誰かしらひとり詳しく状況説明してくれるキャラが必ず配置される。かぶき町四天王篇の勝男、地雷亜篇の全蔵、吉原篇の日輪などなど。
今回は土方の過去の説明は彼が敬愛する近藤さんだった。それほど近藤を信頼しているんだろう。

そのおかげで話はサクサクと進む。が、台詞ではなく描写で見たかったな~というのが正直なところ。いつものパターンではあるが、話のテンポが遅くなるのを恐れているような気すらしてしまう。
コマも似たような大きさなので、ちょっと間や余韻もないのが残念。このあたりは作者の助けがないので、読者が自分で読むテンポを演出しなくちゃならない。




過去描写というのは、本人のものじゃなければ<事実>ではない。そこには回想した人間の(今回で言えば近藤の)「たぶんそういうことじゃないのか?」という推測(主観)が必ず込められている。
「アイツがお前をかばったのは、きっとお前の気持ちがわかったからなのだろう。家族に疎まれる悲しみ、兄貴への負い目、どこにも居場所がもてない・・・はみ出し者の気持ちが」
これって、土方の本心そのものではないはずだ。あくまでも近藤がこれまで土方を接してきて分かった彼から想像した結果であり、近藤から見た土方十四郎とはそういう男なのだ。
だけどその推測はたぶん遠くかけ離れているわけでもない。土方が月を見上げる描写がなんとなくそれを思わせる。

なんにしても、当の本人は決して本心を語らないのは相変わらず(その代り近しい他人がやたらと丁寧に説明してくれる)。照れて話せないのか、本当は全部あけっぴろげにしたいのかどっちなんだ作者は(笑)。
言いたくない、だけど知ってほしい・・・銀魂って、ある意味ものすごくツンデレ的な作風だと思ってます。ここにきて土方の過去が語られるのも、結局はそういうことなのかなあ。



幼い土方が預けられたのは、腹違いの兄弟がいる裕福な家庭だった。「隠し子」として出てこられたら、そりゃ兄弟としたら困惑するよなあ。そんな中、長兄・為五郎は自分の息子のように世話をしてくれたとのこと。そして土方もまた親父のように慕っていた。

この設定だけ見ると、なんとなく近藤と重なって見えるのは気のせいだろうか。行き場を無くした土方をおんぼろ道場に招き入れたことと重なってしまう。同じような状況下で、かつて得られなかった何かが今度は得られた。理由は土方がその歩みを止めなかったことだろう。
うーん、このあたりもやっぱりかぶき町四天王篇の銀さんを思わせるんだよなあ。あの時は饅頭が変わらないキーワードとして過去と現在の違いを描写していたけれど今回はさてさてどうなるか。



まあ、そういう小難しいことは抜きにして(笑)、ちっさい土方がとても可愛らしかった。

銀さんはすぐに釈放されたのね~。だけど異三郎に何かしら仕事を紹介されていたりと、とても気になる描写が。意味ありげだったので、おそらく本編に関わりのある仕事なのだろう。
鉄球を腹いせにぶんぶんぶん投げているのが可愛かった。トイレットペーパーに0をたくさん描きこむ姿がなんだか哀愁を感じさせる。ってか貧乏なのは自業自得な部分もあるだろw 

ヒゲ生やしていたのにグラサンとったらまつげばりばりの漫画な瞳をもった綺麗な顔になった鉄之助に笑った。綺麗なドカベン・・・先週の腹立たしさからうってかわってなんか微妙に可哀そうなキャラになってしまった。ラストの意味深な男に追われているような気配があるあたり、何かやっちゃいけないことやってたとかそういうことだったりするんでしょうかね。異三郎に放りだされたのと関係があるとか・・・?


技法はともかくとして、話のネタはとてもとても興味深くて面白かった。
次回が楽しみで仕方がないっ!

アニメって。
長い原作の台詞を全て入れ込むことではなくて、必要な台詞および描写を入れ込むことだと思ってます。原作の台詞を全部入れれば面白くなると思ったらそう簡単なことではなくて、例えば対となったり象徴的な描写は入れ込んでほしい。だけど描写で十分伝えることが出来るのであれば、あえてくどい説明台詞を入れこまなくてもいい。漫画にはない<時間の流れ>というものが存在する以上、テンポを阻むのであれば最低限以外はカットしても構わない。その取捨選択のセンスがいかに多くの原作ファンに認められるかが原作付アニメの難しいところなんじゃないのかな~と素人が知ったかぶりで言ってみる(笑)。どこが重要かと考えるかなんて人それぞれだ。
今週のアニメ銀魂’はちょっとテンポが悪かったかな~

なので、今週号をもしアニメ化するのであれば、ぜひぜひしっかり余韻をもってテンポ良く必要な描写をしっかりやってほしいのですっ!期待してるよアニメスタッフ!


スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.