感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.08.25
20:37
 
「バラがき」とは武州多摩の言葉なんですな。不勉強なので初めて知った。

wikipedia:土方歳三

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
(1972/05)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

バラガキ 土方歳三青春譜 (講談社文庫)バラガキ 土方歳三青春譜 (講談社文庫)
(2003/10/15)
中場 利一

商品詳細を見る


うーん、そろそろこっちにも手を出すべきか。

そんなときの銀魂感想。
以下ネタバレ。
 

more

「男の価値は、自分で決めろ。」のアオリ文句がかっこいい土方単体のセンターカラーでした。
なんとなく写実っぽい印象。本編中もあったけど、ここ最近芸能人の似顔絵多いなw 

それはそれとして、これは長編になるのか中編になるのか分かりませんが、ぜひともアニメで見てみたい。真選組メインでネタ的にカオスではない本筋(世界観の説明)に即した話が読んでみたいと思っていたところなのでタイミングが良かったです。

今回のゲストキャラは佐々木鉄之助。<真選組>という一枚岩に放り込まれた彼は、かぶき町四天王篇の椿平子のように外部からの視点で<真選組>というものを表現するキャラなのかな?
そして見廻組もついに登場。真選組とは同じデザインながらも対照的に(作者にやさしい)白で統一されている。史実は別として、そのどちらが銀魂世界観的に早く結成されたかは曖昧だが、少なくとも見廻組の隊服のデザインは真選組のそれを真似ているようだ。土方と佐々木異三郎の会話を聞く限り、「生まれも育ちも貧しい何の才能ももたない者」の集団が真選組であり、見廻組はやっぱり対照的に家柄が良い。

何もかも対照的な二人の間に立つのが、本来見廻組側の立ち位置である鉄之助だ。「妾の子」であるが故に異三郎には「落ちこぼれ」「愚弟」であり「佐々木家の名を汚すだけの劣等遺伝子」とまで言われてしまっている。故に、彼は真選組に放り込まれてしまった。つまり鉄之助の居場所は「生まれも育ちも貧しい何の才能ももたない者」の集団=真選組であり、そこにすら居場所がないのであれば局中法度によって腹を斬られるのもやむなし、と。

鉄之助というキャラを介してはいるけれど、真選組もまた「斬っていい」「劣等遺伝子」だと遠まわしに言っている。「ゴミも集まれば燃える」とそのまんまゴミとも言っている。ファンだと言っておきながら舌の根の乾かないうちに平然と言ってのける実にいやらしい男なんだよね。なんだかこういうキャラは久しぶりのような気がする。

士道不覚悟は切腹・・・それは不退転の覚悟だ。遅れをとる者はすなわち死を表す。戦場において遅れをとらないように、何が何でも生きて行かなくちゃならない。それは真選組が持つ<誇り>でもある(ゴミだけに)。
真選組の「切腹」は言わば生きるための覚悟であるのに対して、異三郎の言う切腹は「必要ない」から捨て去ること。言っていることが間逆だったのが面白かった。土方が鉄之助に不退転の覚悟を語って聞かせている内容と、異三郎の鉄之助を斬っていいという一連の台詞はちょうど対になってるんじゃないかな?

たとえ悪ぶってはいても鉄之助の立場を尊重して「優等生」と呼び、「あいにく俺のフォルダの区分は悪(バラ)ガキしかねェんだ」と言い切る土方。ここ、なんか久しぶりにカッコイイと思った(笑)。
どんな状況下においても、自分たちの誇りだけは見失ってはならない。たとえ他人から蔑まれようが関係ない。自分は自分の誇りだけは見失うな。士道不覚悟で切腹とならないように。「悪(バラ)ガキ」とはこの場合「誇り」の事だ。ならば鉄之助は妾の子だろうがなんだろうが、彼自身は決して誇りを失ってはならない。たとえ家族とも言える立場の人間から蔑まれようが、

男の価値は、自分で決めろ。

そういうことだ。(本編に即した良いアオリ文句で良いなあ)





「イェーーーイぃぃぃ!!!」とぶん殴っていたのが実は土方の妄想だというのに笑った。ここを読んで妙に共感した社会人の方は多いとみたw

土方が鉄之助に語って聞かせる場面と最初の脳内でぶん殴ってたシーンの違い。なーんにも考えずに思ったことをそのまんま行動に示すのであれば後者だが、実際には土方は本能を理性でもって押さえた形になっています。本当はぶんなぐってやりたい!だけどそれは必死に我慢する。対照的に銀ちゃんが本能の赴くままに行動して鉄之助をぶん殴ったりなんだりしてるから分かりやすくて、土方の行動は組織に属するからこそなんじゃないかな。個人で行動する銀ちゃんの武士道は彼の中だけのものなので、協調せず逆に人に強要もしない。故に彼は基本的に個人・・・あるいは最低限の人数で行動する)。だけど土方は真選組という組織に属するので彼の貫く士道とは彼だけのものではなくて、真選組に属する連中が共有するものだ。だからこそ、彼は他と協調するために自分の行動を押さえなくてはならない。フォロ方十四フォローと呼ばれるのはそのためだ。ここで銀さんと個人と組織の一員という対比が見えて面白かったです。

それにしても、なんだか銀ちゃんは何度も逮捕されている印象があるんだがw
彼の行動事態は完全に道化でした。見廻組という外野の連中には公務執行妨害で逮捕=真選組に仇なす賊にしか見えなかったっていうことか(笑)このまんま黙ってフェードアウトしてしまうのか、それとも主人公らしく何かしら関わっていくのか、さてどっちだw

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。