感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2011.07.15
20:34
 
銀魂 シーズン其ノ四 5(完全生産限定版) [DVD]銀魂 シーズン其ノ四 5(完全生産限定版) [DVD]
(2010/02/24)
杉田智和、釘宮理恵 他

商品詳細を見る


たまクエスト篇が全話収録されています。
4年目の夏に放送された長編です。

一番最後に、自分そっくりな白血球王に対して言う銀さんの言葉が印象に残ってます。

「お前が護った分だけ、お前を護ってくれる存在がいるのさ」


白血球王が銀さんそっくりということもあり、なんだか自分に言い聞かせているかのよう。
かぶき町四天王篇て、そういう話だったよなー・・・この時点でちゃんと分かってたハズなのに、お登勢の一件で銀さんはここで自分が言った台詞を改めて思い知ることになるのです。

たまクエスト最終話の第170話「そして伝説へ」のラストは本放送時には本物のドラクエの音楽でしたが、DVDでは差し替えられています。

それにしても・・・えらくゆったりと話が進むな~と思ったら、原作5話に対してアニメでは4話ついやしていました(途中でアニメオリジナルのシーンあり)。テンポが悪いとは言わないが、ゆったりすぎてなんか勢いが殺がれてしまってる。この頃は原作コミックスに追いつくか追いつかないかの瀬戸際だったんだっけ?
特に銀魂’を見慣れていると余計にそう感じてしまいます。

銀魂―ぎんたま― 29 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 29 (ジャンプコミックス)
(2009/07/03)
空知 英秋

商品詳細を見る
スポンサーサイト
 
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2011.07.16(土) 18:23 | | [Edit]

 

コメントありがとうございます

たまクエストはちょっとゆったりしすぎてて途中で目をそらしてしまうんです。
このあたりは私自身がゲームに精通していないということもあります。
たぶん知ってるネタならのめり込めたのかもしれませんね。

銀魂’はリアルタイムで見てるときはナニコレ早すぎっ!て思うんですけどね。ところが不思議と2回目以降は普通にテンポうんぬんは気にせず面白くみています。

原作を読む場合、絵や台詞を追うスピードは読者に委ねられています。だから、原作者が脚本&作画だとすれば読者が演出家なんじゃないかなと。
アニメ版は絵や台詞を追うスピードは監督なり演出家のものであり、台詞の言いまわし等は役者にゆだねられています。台詞等の、どれが大事なのか必要なのかの取捨選択も脚本家に委ねられている。
受け手としての自由度は、原作漫画の方が上だと思ってます。
ただし、BGMやSE、動き、色彩などなどといった情報量はアニメのほうが多い。

・・・と考えているので、基本的にアニメ化作品の原作コミックスは読みません。2003年当時アニメ化された鋼の錬金術師くらい気持ちよく展開が違う場合は原作を読みます。

たまクエストは原作コミックスを読む前は普通にああいうものとして面白かったです。原作読んですぐにアニメ見るとあれ?って。どうしても原作・・・自分の脳内演出に引きずられてしまいました。

一旦終了してからジャンプ派になってしまったのでアニメ化されてる部分は全部知ってしまいました。なのでアニメを見るときは直前に原作の該当部分を読まないようにしています。アニメはアニメで楽しみたい。

で、削られた台詞を残念だな~と思うよりは、それ自体が原作だけの魅力だと良い方に考えてます。
その台詞を楽しみたいときは原作コミックスを開いて、アニメのテンポを楽しみたいときはアニメ見てます。

ただこれだけは言いたいのは、銀魂は原作を読んでいてもアニメがそれはそれで面白い奇跡的な作品だとは思ってます。パトリオット、あんなに面白い話だったかしら、な~んて。

私もカニ鍋回楽しみです!
特に音楽面とか期待してますw

コメントありがとうございました!

NAME:ともえあや | 2011.07.16(土) 22:56 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。