感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2011.06.15
00:13
 
銀魂' 01 【完全生産限定版】 [DVD]銀魂' 01 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/07/27)
杉田 智和、阪口大助 他

商品詳細を見る


1巻の画像が出ました。
楽しみすぎて待つのがつらい。

今週号ジャンプの銀魂が面白すぎて、同じ日に放送されたアニメ銀魂’がめちゃくちゃ面白すぎて、とても良い月曜日でした。来週が待ち遠しくてたまらないが、その前にやらなくちゃならないことがテンコモリ!という・・・

そんな時の以下ネタバレ感想。

 

more

ガンダムネタ多し。モザイクはアニメになったら取れるかなあ。ていうか銀魂の場合いかがわしいものばかりにモザイクかかってたからここもいかがわしいものかと(以下略)

「アニメ元がサンライズなだけに訴えてもイヤムヤにされる 奴等はそこまで計算づくよ」にワロタ。
監修のオッさんが昔ガンダム作ってた、てのもあるだろうコレ。一番最初のジャンフェスのアニメでも、シーズン其ノ四第189話Aパート「今年できる事は今年中にやっちゃった方が区切りいいんだけどつい来年から仕切り直しゃいーやって思って後回しにしてしまうのが年末のお約束」でもそのものずばりガンダム出してたからできるはずw

そのガンダムにひっかけて「頑侍(ガンサム)」。蓮蓬軍は、そのまま連邦軍w
ここまでしておきながら、米堕はスターウォーズなんだなあ。

前回がギャグっぽい(=事実とは異なる)行動ばかりだったと思いきや、なかなかどうして本当にそんな行動をしてたっぽい?と思えたのが、すっかりエリーの部下の蓮蓬軍を手懐けてUNOまでやりだしてしまった場面。

エリー曰く「戦前の張りつめた空気を瞬く間に解きほぐしてしまった」こと。
もしかしたら死ぬかもしれない場所に赴く前にUNOをさせるというのは、各自冷静な判断を保たせるための戦術なのかしら、と。ただやみくもに突っ走れば勝てるというものでもない。ましてや相手は天人だ。その前にUNOで楽しんで緊張をほぐしつつ、尚且つ冷静に戦法を組み立てるための訓練にもなる。

そこまで3バカが考えているかどうかは分からないが、どちらにせよそれをやってのけてしまう上を下の者が慕うのも分かる気がする。ここでは「カリスマ」と呼ばれる理由がここで語られています。バカをやってるようで、そうじゃない。

3バカをつっこみまくる新八が面白かった。当時つっこんでいたのは高杉だったりしてなー

エリザベスと桂の友情のシーンがちょっと泣けました。微笑んでるヅラなんて心底エリーを信頼してたんだろう。エリーもまた一緒だった(紅桜篇はその最たる例)。エリーとの友情は銀さんや辰馬たちとは違った形だ。UNOが弱かったヅラにわざと負けてやるほど強いエリザベスがついていたということは、ヅラにはブレーンとなる部下が必要ということだったりして?

で、それを受けて進む銀さんと辰馬のかっこよさと言ったら・・・!!

「・・・・・・振り向かんぞ」
「振り向かねーよ」
「背中は預けた」

エリザベスおよび蓮蓬軍の話を描いていながら、過去の攘夷戦争時代の銀さん・桂・坂本がどう過ごしていたかを間接的に描いているのかな。背中を預けるのは信頼の証。これはたびたび描写されていますな。
銀さんには新八と神楽が側にいるわけで、かぶき町四天王篇がちょうどアニメでやってる今となってみたらなんだか感慨深いものがあります。この状態からただ一人お登勢の旦那の墓にもたれて腹をすかせるまでになってしまうんだから、攘夷戦争はよっぽどのものだったんだろうなあ・・・

カツラっいきま~~~~す!!で爆発~に一番笑った。何気にテンポ良く読めてお気に入りです。ていうかコレ、フミ姐曰く足を落とす程度の威力だったこと、新八たちが宇宙空間に何かを見つけたこととで、何かがあるハズ。
中の人的にはアムロというよりアスラン。友達のトールを殺されてキレたキラと一騎打ちしたときに機体を自爆させて逃げたアスランを思い出した。アスランは「アスラン・ザラ、出るっ」とかじゃなかったっけ?

そういや神楽がふしだら女をフミ姐と慕ってるのが面白かった。姐御キャラが好きらしい。



ラストの銀さんと辰馬のシーンは少年漫画っぽかった。ラブチョリスや6股騒動で情けなかったのが嘘のようw
この引きのおかげで来週号が楽しみすぎて仕方ありません・・!!





スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。