感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.06.02
20:46
 
銀魂 (第3巻) (ジャンプ・コミックス)銀魂 (第3巻) (ジャンプ・コミックス)
(2004/09/03)
空知 英秋

商品詳細を見る


エリザベス初登場は3巻収録第二十訓「飼い主とペットは似る」。
ヅラ曰く「坂本のバカがこのあいだ俺の所に来て勝手においていったんだ。大方どこぞの星で拾って来たんだろう。相変わらず宇宙航海などにうつつをぬかしているらしいからな」

ちなみに、アニメ銀魂では第15話「飼い主とペットは似る」で陸奥が桂に直接会ってエリザベスを渡すアニメオリジナルシーンが追加されています。そのあとの銀さんとの会話でのヅラのセリフは上記原作と一緒。
アニメ化楽しみだなそこまでやってほしいな~と想いを馳せつつ以下ネタバレ感想。

 

more

最初の時点ではエリザベスはほとんどペット扱いだった。
「こんな思想も何もない者をどう嫌いになれというんだ」(3巻)

ところがずっと一緒にいるうちに同志のような関係をはぐくんでいた。
「一人の友としてゆく!!」
「交わした一杯の杯を信ずる。それが・・・侍(おとこ)の友情というものだ」
余談。ヅラの気持ちの変化が唐突というわけではないのは、今までの「銀魂」を読めばいい。かぶき町四天王篇もそうだが、今までの物語の積み重ねを知った上で読んだほうが断然面白いのでは。

ここにきてようやくエリザベスの真実が明かされつつある。
幻の傭兵部族で白い悪魔・・・蓮蓬(れんほう)と呼ばれる種族。
その種族が地球を奪うべくやってきた・・・



蓮蓬(れんほう)。先週号でヅラが某政治家をもどかしくなるほどに見ようとしなかったのは、あとちょっとで思い出しそうなんだけどなかなか思い出せない~という意味か。


3巻時点での「坂本」「ペット」というキーワードがここにきてやっと生かされた感じ。
長かったw 本筋から離れたギャグがメインだからな~
坂本再登場自体がかなりもったいぶられていたので、エリザベスの正体なり今後の展開なりがかなり楽しみです。面白いといいな!


今回の話のラストの辰馬台詞は、3巻ヅラのセリフの確認のようなもんだった。
ただあれと違うのは、「化け物ども」と複数形になっていることと、「化け物」と言いきっていること。
蓮蓬の正体を当時から知っていたとしたら、その意図はこれから先明かされるのかな?このあたりが楽しみ。
ダースベイダーみたいな米堕閣下のくだりはイボ話の沖田を思い出した。エリーだけ万歳のプラカードをもっていないということは・・・?
不器用な健さんと女将の物語が唐突に始まったと思ったら、蓮蓬の侵略の証たる雲から降り出した雨にあたって、エリザベスちっくな顔になり、あげくプラカードでしか会話できなくなってしまう。
花野アナも久しぶり!に出てきてやっぱり同じ症状に。
このあたりはRYO-Ⅱを思い出した。随分と地球規模の作戦が組めるんだから、何気に蓮蓬はすごい種族なのかも?




本筋はそれはそれとしてw

峰不二子風(やたらと濃いのはそのためか)の蓮蓬の女にセクハラかましたあげくMに目覚めさせる銀さん。これでも少年漫画の主人公!ていうか、Mを開花させたのはさっちゃんと一緒だが、こいつとはさっちゃんと違ってモザイクかかった握手しちゃうほどなんだな~と。あれか、後腐れなさそうだから?さっちゃんはいたずらに銀さんを好いている分あとがたいへんそうだし・・・女遊びはするけど本気にはならなさそう。

ヅラはクソ真面目なぶんムッツリスケベなカンジ(笑)「友を救い出す」のセリフはものすご良いこと言っているハズなのに、鼻血がシチュエーションを台無しにしてるw 最初こそ事故みたいなもんだったのに、自分から下から覗いてるのにもワロタ。
で、神楽ちゃんダメ人間野郎どもと同じことしちゃダメだっ!!



辰馬が久しぶりに出てきた時点で面白かった。銀さんとヅラとの親友関係もまた面白い。これがいわゆる坂本・陸奥篇なのかな?なんにしてもこれから先話がどう展開するのか楽しみです。

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。