感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.04.25
20:03
 
アニメ銀魂DVD1巻が7月27日発売。

完全生産限定版として
本編DVD+書き下ろしドラマCD
描き下ろしアナザージャケット
全巻購入者特典応募券封入


とのこと。今回もBDは出ないっぽい?
購入者層が女性がメインだとDVD主体のようですが、せっかくHD制作なんだからBD出してくれてもと思わなくもないけれど。なんにせよ楽しみです。特にドラマCD。そして全巻購入者特典があるのが地味に嬉しかった。
ていうか、案の定法人別特典があるのかコノヤロー。アニメイトさんは高いのに・・・そりゃ劇場版があれだけ売れればこういう結果にはなるよなあ・・・

さて。

あんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんp(ry
↑どうしても銀さんに目が行くのをどうにかしてww

パンバイヤーの職権を活かして自分で食べるために自分で仕入れて買ったヤマザキのあんぱん。個人的には若干高い「高級つぶあん」のほうが好き。
今日から白いお皿がもらえるキャンペーンが始まります。これ本当に偶然なんだよね。びっくりしました。どうしてそんなにかぶるんだ。
「やってるよ、ヤマザキ春のパン祭り」偶然に、ほんとに今日から再開です。実際の奴は「春の」ではなくなっちゃったけど。

というときの以下アニメ銀魂'感想。
 

more

Aパート「食事はバランスを考えろ」

「あんぱん」自体、良い子は知らないでいいネタが含まれていることを念頭に置きつつ。
(そのあたりは2話みたら分かりやすい)
たとえ普通のあんぱんでも、それだけ偏食し続ければ同様におかしくもなる、と。


2話の2年後山崎といい、そして先週の3話Aパートの山崎が万事屋に送った年賀状といい、なんでそこまで「あんぱん」づくしだったのかがここでようやく種明かしされる。

要は観察の任務の最中に自らが課したあんぱん中毒が原因だったというわけだ。
原作では最初にこの話があって、それから後にあんぱん中毒になった描写があります。時系列としては今回のAパートが先になるハズなのは明白だが(先週の予告の山崎談。なので山崎春のパン祭りから年賀状まで半年以上の間隔があるということに。ちょうど1年放送休止・・・という名の終了・・・が挟まれたからこそ出来たネタかも)、構成の手法としては今回のはアリだと思った。2年後篇の後編の3話とあんぱんだらけの年賀状をよこした3話と今回とが連続で放送されているのは、「あんぱん中毒になった原因」をより強く印象付けるためだったのではないだろうか。以前はミントンキャラだった山崎というキャラの違和感の種(あんぱん)をバラまいて、その種明かしがすぐになされる。基本的に他の話と関連性のほとんどない短編の連続のアニメ銀魂において、「あんぱん」という単語だけが3週に渡って続く・・・このあたりは構成の妙だと思った。視聴者に継続して見てもらわないといけないからだろう。

とはいえ、上記で構成の妙を褒めてますが、山崎の「あんぱんあんぱんあんぱんあんぱん・・・」は先週の年賀状や原作の1ページあんぱんだらけのほうがインパクトあった。一度ネタやっちゃうと、どうしても最初のほうが印象深くなってしまうんだよね・・・

で、やたらと気になったのが食べ物の描写が綺麗ていうかリアルだったこと。CGかな?
土方が食ってたラーメンも、あんぱんも妙にCGが凝ってて面白かった。
あんぱんが入っていた袋の表記もほとんどそのまま!ちゃんと製造所固有記号まで書かれてる・・・

それだけに蠅が飛んでるのは汚さが倍増だし、マヨネーズの残念な使い方もキモチワルサ倍増w

今回一番笑ったところ

「目が覚めるとここ数日の記憶がない」
土方にボコられたのかww


Bパート「人は皆運命と戦う戦士」

本日のアニメ銀魂'は真選組祭り。

やたらとテンポが早かった。早すぎでちょっと余韻がなかったのが残念でした。そういう意味では余韻があった先週の方が面白かった。サチ子が出てきたあたりからテンポの早さが気になってイイハナシがちょっぴり微妙に。やっぱり、イイハナシの時はテンポはゆっくり目のほうが良いなあ。
と言いつつ、2回目に見た時は普通に面白かったです。

それはそうと、やたらとはりきる神楽に付き合える遊び友達は何気に凄いお子様たちなのでは。野球で遊んでるというよりは、スリルを味わうほうが勝ってるしw

踏んだり蹴ったりを絵に描いたような展開を見せる近藤さん。
全然知らない他人に何か良いことを自然にしてあげられるのに(子供と一緒に遊んだり、サチ子の家族を何気に救ったり)、何故か自分のこととなると急に暗雲が立ち込める。デート当日に台風が来るのはそれを象徴している。
槍が降ってもで槍が降るのはお約束の展開だよなあ。


ちょうどニコでまどマギ最終話みたせいか、江戸に隕石がせまっている~というのがワルプルギスの夜を思い出したのはここだけの話。
せっかくここでお妙の目の前で自身の良いところを見せられるハズだったのに、お妙に打ち返した隕石が当たってしまい「さようなら」で終了。どこまでいっても報われない近藤さんが哀れでした。近藤の良いところをサチ子は知ってるんだけど、どうしても意中の人(お妙)には何故か伝わらない。もともと自分のストーカー行為が災いした結果あれだけ嫌がられていると思えば自業自得だけど、ちょっと可哀そう(´・ω・‘)


次回はいよいよキャサリン話!
これはアニメで見たかったので楽しみです!
銀さんもそうだけど、何よりもお登勢さんが良いんだ!!
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。