感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.04.11
20:20
 
銀魂BEST2 【期間生産限定盤】銀魂BEST2 【期間生産限定盤】
(2011/06/22)
DOES、ピコ 他

商品詳細を見る


銀魂春祭り2010(仮) [DVD]銀魂春祭り2010(仮) [DVD]
(2011/04/06)
イベント

商品詳細を見る



本日は銀魂ベスト2のテレビスポット15秒バージョンと、春祭り(仮)のCMがありました。
春祭り(仮)のほうには最後に「また会おうな!!」というアオリ文句(?)付。まあ、今会ってるけどな!

そして、前番組が終わった後の「このあとすぐ!!」予告映像でエリザベスが持つ看板にこう書いてありました。

一言いいたいことがある!
元気をだそう!


エリーグッジョブ。
数分前に予約録画設定しておいて良かったです。

というわけで以下銀魂'ネタバレ感想。

 

more

なんつってもマダオの歌でしょうか。
その名も「ダンボールの神様」どっかで聞いたことあるな。ただし劇中の女性司会者が言ったタイトルは「髪切った」だったけど。
原作では当たり前だが出来ない「音」という映像ならではの演出で、新八と土方の会話のバックで始終マダオの歌を流していました。なので初回視聴時には新八と土方の会話なんて聞いちゃいなかったww
DVD特典のラジオCDなどでやたらと「長谷川さんの歌が聞きたい」と声優陣が語っていたことが実現しましたな!!ついにマダオが歌った!!
しかも上手い。長谷川さんの中の人である立木さんは歌が上手いんだよね。その昔、TAKADA BANDとしての「カルナヴァル・バベル」とか結構好きでした。
ちなみにテレビ東京のモバイルサイトでこのMADAOの歌う「ダンボールの神様」(一部)が 本当に 無料ダウンロードできます。(4月18日17時59分 3話(204話)放送直前までの期間限定)
サントラに収録されるといいな。

しかしまあ、なんというか本編酷いな(笑)
カオス状態で何が何やら。
赤ちゃんを各キャラが連れて来るあたりはこりゃアニメはどうなるんだという心配を他所にそのままやったあたりにスタッフの覚悟を感じました。九ちゃんのくだりとか酷いんだよなあ(苦笑)


向上心で成長するというイボ・・・寄生型エイリアン「キューサイネトル」の特性は以下の通りと推測。

1・寄生した宿主の養分(向上心)を吸うことで情報を読み取る。この段階ではVシネテイスト。
例)イボ春、イボ勢、イボリン、イボ 
イボはイボとして宿主と違う感情がある(イボ春にしてもイボにしても、宿主と違う固体としてイボの特性を説明している。会話の主体はイボであり、本体は眠った状態。

2・宿主と全く瓜二つの姿に変体
例)新八、土方
本体は眠った状態なのは変わらないが、イボの意識が肉体同様に宿主と同化しているためイボは自分がイボだという自覚がなくなる。
最後に銀さんに殴られた新八が一瞬Vシネテイストになるので、もしかしたら新八はイボに取りつかれたばかりなのかもしれないのでちょっと曖昧。

3・宿主に成り変わり独自の進化で数日で2年に相当する成長を遂げる
例)神楽、九ちゃん、桂、女装してヤンデレ化した近藤、バカイザー沖田、山崎
本体は眠った状態。イボが向上心を糧にして独自に・・・宿主の本意とは無関係に勝手に成長。

お妙さんは、赤ちゃんを身ごもったと発言してから赤ちゃん(十五郎)を連れて来るまでの期間で、見た目そのものには変化はまるでないけれども、これって赤ちゃんが生まれた=生体分離したことで3段階目に移行したということでいいのかな?

当の本人は本体とつながった先に人形のようにぶら下がったものとなり果てている。つまり前回の定春の説明はネタ明かしそのものだったというわけです。ついでにイボ(たま)さんの「皆さん大変向上心の強い強い方で、この2年頑張りすぎて我々を作ってしまわれて」もネタ明かし。

ならば「向上心」とは何なのか。
ツッコミをしなかった新八と、ボケたかっただけの土方。(ここの会話の背景でマダオが歌うガメンの横の垂れ幕の文字「英会話 ガオス」が「会話 カオス」に読めて笑った)
それと気づいた途端にイボつまり「キューサイネトル」の真実が発覚したので分かりづらいけれど、こうやって自覚した途端にイボは向上心(新八の場合ツッコミ、土方の場合ボケたかった)を吸い取り急成長を遂げたんだろう。ツッコミを入れなければならない新八が神楽に惑わされ、ボケたかった土方がいもしない子供を見て自分の子供だと言い張る。言う内容がめちゃくちゃになった時点でソレはもう本人の意識はなくなりイボそのものとなってしまった。ツッコミしたい、ボケたい、それらを寄生型エイリアン「キューサイネトル」は「向上心」として受け取って成長の糧とした。それは果たして向上心と言えるのか?はイボにはどうでもよかったんだろうw

九ちゃんは男と女の間で迷っていて、ヅラは九ちゃんとキャラがかぶることに悩んでいて、近藤はお妙さんについて、お妙だんは男運のなさについて悩んでいて、それをどうにかしたいと思ったら「向上心」と受け取られてイボに取りつかれた。そしてイボは勝手に向上心を糧に成長した・・・
この場合寄生された本人が望んだ「こうありたい」とは全く違うんだろう。たぶんイボは「向上心」というものを誤解してるよコレ(笑)。人間的にステージアップしたいと願う「向上心」とは違うのがポイントか。

まあ要するに、キャスターの言う通り「ただのイボが織りなす世界」だったというわけだ。
復活の初っ端から本人が出てないということにw

唯一キューサイネトルに取りつかれなかった銀さん。上昇志向のある者ほど取りつかれやすいソレに取りつかれなかったということは、つまり上昇思考があまりなかったということか。変化しないこと、このままありのままを望んでいるということなんでしょう。ツッコミをしたいときにするし、ボケたいときにボケる。銀さんのポジションは新八のようにツッコミというわけでも土方のようにボケたいという望みがあるわけでもないからだ。必殺技があるわけでもなし、万事屋としての仕事を懸命にしてるわけでもなし、特に何になりたいと目標があるわけでもなし(今週号のWJ18号読めば分かりやすいかも)。ある意味奔放で自由な性格だったことが周囲と違ってイボに寄生されないことになってしまった。

ここで前回を見直してみると面白いのです。本体がぶらさがったイボ春を見て「なんだコレ」なんて言ってた銀さんは本当に驚いていたわけだし、新八に「皆な、お前の知らないところで日々努力してんだよ。成長しようとしてんだよ」と言っていたのは自分に言い聞かせていた面もあったというわけだw新八と違って周りに必死に会わせていた銀さんがとてもかわいい。とはいえ、神楽さんの土産を一瞬で食ったり一護最終形態になったのは何気に凄いことだと思うが。もしかして、実はイボに取りつかれていたりして。で、他はイボが取れたのにたった一人でイボに取りつかれたまま当の本人も気付いていなかったりして(つまり新八状態)・・・解釈はどうとでも出来るような気がします。

仏の土方とバカイザーのくだりに笑った。
神楽さんの妖艶さが原作よりアップしてました。
面白かった。

次回は年賀状とバレンタインネタ。次も2話消費か。ずいぶんと消化率が早いなあ・・・

関連話題→原作銀魂
銀魂 第三百二十五訓「冬休みあけも皆けっこう大人に見える」
銀魂 第三百二十六訓 「GWあけも見えるっちゃあ見える」
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂’@2期
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。