感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2015.11.04
00:26
 
原作をほんのちょっと変えた描写がちょくちょくあるけれども、それがアニメ版ハイキュー!!としてとてもいい結果になってるんじゃないかなあ、と。原作まんまではなく、アニメになった意義というのが感じられるアニメハイキュー!!が大好きです。

以下5話ネタバレ感想。

 

more

セッターである影山は、中学生の頃は及川にバレー技術の向上のためのコツを教えてもらおうとした結果拒否されてしまい、見よう見まねで覚えた経験がある。もっと言えば、見よう見まねですぐに習得してしまうほどの才能があった。
ボールに気を取られてジャンプ力が下がっている~そこまでわかっているのであれば、日向の弱点はそこにあるわけで、ならばどう練習すればいいのかが影山には教えることができない。なぜなら彼は見よう見まねでできてしまう天才であり、国語の読解が苦手といった伝達能力の拙さもあったから。チームのためなんて言いながら、俺がトスをあげてやる~とかなんて傲慢なんだろう。そうじゃないよね、アタッカーが決めてくれなくちゃいくらトスが良くてもそれでいいのか?彼はファーストシーズンで王様のマントを脱ぎ捨てたとはいえ、まだまだ人間的に発展途上だ。(その不器用な影山がいいんだよ)

対してミドルブロッカーの日向は優秀な囮・・・いつでもどこでも攻撃する気まんまんだからこその囮としての優秀さを持っていた。・・・ただし、技術が稚拙なので確実に決まる攻撃となると他の誰か天才の才能をもって補う必要があった。
日向が影山に伝えた「目をつぶるのはやめる」というのはあくまでも単なる宣言であり、だから<どうやって>練習したらいいのかが日向にはわからない。なぜなら日向に経験がないから。成田と交代したあと日向が見たバレーコートの景色は、人がたくさんいて練習試合が熱気をもって描かれているにもかかわらずとても孤独に感じたのは気のせいではないだろう。
彼に必要なのは彼が求める強さに対する明確な練習法だ。あの喧嘩のシーンでは、日向は影山のトスの良さはしっかり伝えているわけで、本当に求めていた自分が強くなりたいためにやるべき事は何かってのは伝えきれなかったんだよね(後に鵜飼には伝えるけれども)。あくまでも影山との練習にこだわってしまった。これが見ていてとてももどかしかった。

二人の取っ組み合いの喧嘩は二人の未熟さがとてもよく出ていて、等身大の青春だなあとおばちゃんは眩しく感じてしまうよw
影山の口に日向の指がひっかかったときの石川さんの演技がすごかったです。作画も素晴らしかった。

相棒とは試合になれば考えがなんとなく分かる、友達ではない仲間のこと。
だけど今は何を考えているのかがわからない、そんな悔しさ。
でもここで足を止めずに、お互いバレーが好きだからこそまっすぐ前を向いて走り続けて今のジャンプ本誌のような展開があるわけで(原作が上手い具合にアニメとリンクして神がかっていた)、この悔しさが今後に繋がるというのが良いなあ。
セカンドシーズンが始まった意味がまさにここから始まったというか。

そして上級生たちの大人の対応・・・ハイキュー!!は人間関係のドロドロなしがらみがうまーく消されているのでこういう喧嘩シーンも胸糞悪さが全く残らないのが特徴的だと思った。
スポンサーサイト
テーマ * アニメ ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

NAME: | 2016.04.16(土) 01:17 | | [Edit]

 

生きてます!

お返事がとてもとても遅くなってしまいました。申し訳ございません。
生きております。

ハガレン実写化については。
世界観が絶望的に合わないであろうことは容易に想像できますよね。
演者が日本人であることからして。
世界観もまるで違う。
ならば原作と違う見せ方をしてやろうという気概も、たぶん、ない。そりゃそうでしょう。今は原作原理主義という名の原作そのまんまアニメ化がもてはやされる風潮です。

どんなオモシロイものができあがるかなあ、ととてもとても楽しみに!しておりますよ。

こんな更新のないブログを気にかけてくださってありがとうございました。

NAME:ともえあや | 2016.09.05(月) 19:45 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。