感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Wed
2017.07.19
00:34
 
一応感想を残しておく。
記念に。だってお祭りだから。

以下ネタバレ~
めんどくさい原作・アニメファンの戯言
 

>>>Read more

スポンサーサイト
Category * 銀魂
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2016.11.07
00:48
 
相変わらず蒼穹のファフナーばかりの毎日です。
1期は一度見始めるとつい最終回まで通してみてしまいます。
EXOは20話前後を見ることが多いかも知れない。


EXOが終わった今にして思えば、無印は「英雄が普通の人だった頃の物語」であり、言ってみれば神話として語り継がれる物語の原点なのかなと。
自分の心のままに生き抜いた総士の物語としては満足ですが、総士と同じ道を選んだと笑顔で語った一騎が永遠の存在となったことがモヤモヤっと心にひっかかったままです。加えて円盤特典CDの冲方さんの言う「英雄は倒される」(うろ覚え)的な言葉があり、一騎の行く末に希望が見えなくて困っています。真矢やカノンという女の子を前にして異性として何の反応もない(後輩組にはお尻見て赤くなるといった描写がしっかりあることの対比)のは博愛を通り越してもはや違和感です。

対して暉の生き生きとした描写といったら!真矢のことが好きだったり、つい八つ当たりをしてしまったり、見栄をはったり、弱音を吐いたり、食べることに泣きながら感謝したり・・・。暉はもうひとりの真壁一騎で、一騎が成し得なかったこと、逆に回避できたことを尽く受け持ったキャラだと思ってる。なんとなく察してくれる双子の里奈はもうひとりの真矢であり、でも一騎と真矢と決定的に違うのは双子は結構な確率で喧嘩しちゃう点で。広登は理想を語る総士であり、理想家であるが故に現実に倒されてしまった悲劇の人だが、暉はその悲劇から理想を受け継ぎ伝えることを選ぶ。それは一騎のようなファフナーパイロットではないので、ファフナーに頼る以外の道を選ばざるを得ない・・・いや、ほかの道を選べたわけだ。
・・・わたしは一騎にこんな生き方をして欲しかったのかもしれない。

でもそれができない。何故なら一騎は一騎で、暉は暉だから。だからこそそれぞれの人生を思ってモヤモヤしてしまう。

ファフナーって、そういう似たような構図を見せながら彼らが「別の存在である」と徹底して見せつけてるんだよ。暉の生き様をまざまざと見せ付けられることによって、引いては一騎の特異性が浮き出て、暉と一騎が別々の違う人間だと認識できる。
誰かを生かすことによって、ほかの誰かが生きてくる。暉が描かれることで、一騎の存在が浮かび上がる。逆もまたしかり。上手くできた構造だなあとつくづく感じる。

相変わらず一騎のことではモヤモヤしてるけれどw

永遠の存在になったということは、常に何かを選び続け、他と対話し続け、そこに存在し続けなくちゃならない。ここに「変化」が入り込む余地があるのかが興味ある。変化とは代謝にもつながり、代謝することで新たな道ができるかもしれないわけで、それは「永遠」であることと対立するように感じられてしまう。それは果たして良いことなのか。

でもそれは一騎個人だけを見て考えた穿った見方なのであって、一騎の周りにいる真矢だったり総士だったり後輩組だったり全員を見渡すと、永遠があるからこそ刹那が際立ち、刹那の儚さは永遠があるからこそ尊ばれるのであり、そういう互の相関関係ひっくるめて全てが「生かされた」物語なのだなとつくづく感じる。ほらやっぱり上手くできた構図なんだよ。

大事なのはファフナーなのかパイロットなのか、両方だと即答する総士の言葉を思い出す。どちらかに比重が傾くとバランスを崩してしまう。助けるといったらニヒトも真矢もどっちも助ける。

1期を経て刹那の儚さを知る彼らだからこそ、同時に尊ばれるべきものであると知っている。変化の渦中にあっても変わらないものがあると信じたい。変わったとしてもより良い方向へと進んでいると信じたい。
限界だって知っている。でも限界を知っているからこそ自分にできることをやり遂げたい。諦めたくない。
これが彼らだ。

「永遠に」「代謝し続ける」一騎と総士は二人で『蒼穹のファフナー』という作品を体現する象徴と化したんだなと。
作品の象徴は作品がある限り存在し続ける。
同時に作品の象徴もまた足掻き続けるわけだ。なんて厳しい、だけど誰をも見放さない優しさをも感じられる素敵な物語です。

上手い、上手い物語だって本当に感じるけれど、やっぱりモヤモヤするww

 
Category * アニメ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2016.09.05
20:36
 
ブログのパスワードを忘れたあげくログインできなくなってしばらくたってしまい・・・スマホでいじったのを思い出してそちらをログアウトしたら無事ログインできました。

というわけで。お久しぶりです。
覚えていらっしゃるでしょうか、ともえあやです。

ここ最近は「蒼穹のファフナー」にどハマリしております。もう沼に頭まで浸かってしまったってカンジです。泥沼です。
この作品は「鋼の錬金術師」水島監督版とほぼ同時期に放送されていた作品です。それが最近放送された続編「EXODUS」を見たところ、これがとんでもなく面白かった。
・・・実のところ、最終回近辺はあまりの展開の速さと濃密さに頭がついていかなかったというのが正直なところで、今まさに噛み砕いている最中です。

じゃあなんでここまでファフナーばかりになったのかといえば、TSUTAYAでレンタルが半額キャンペーンやってたのでアニメ続編やってんなー懐かしいから1期見直してみるかーというかるーい気持ちでテレビシリーズ前半の5枚ほど一挙に借りたところ・・・面白かったから。

本当は、後半クールが始まる頃には本気で見ていませんでした。前半クールもさらっとしか見ておらず、ただangelaの主題歌「イグジスト」と「その時、蒼穹へ」だけはヘビロテしている状況でした。
まあ、一騎と総士がらしくないアイドル的なキャラソン「太陽と月」を流したラジオをたまたま聞いて笑い転げるほどには気になってたけれども。

それが!

1期見直したらやたらと面白かった → 春にレンタルして見ていた劇場版ファフナーブルーレイを購入(EXODUSの1クール目終了後にレンタルで視聴済み) → ちょうどアンコールプレスのブルーレイBOX発売で思い切って購入 → ファフナーEXODUSの21話がやたらと熱くて面白い! → こうなったらEXODUSも発売済みブルーレイを購入 → 最終回後のロスが激しいのでアニメイトで売ってたファフナー関連CDを大人買い

angelaの第2クール主題歌も良くて、一騎役の石井真さんの歌がやたらと上手くて今更1期キャラソンをヘビロテしたりともうなんだかファフナーずくしです。ファフナー7巻購入特典の同化イベントにも行きました。今月の一騎生誕祭もライブビューイングに行く予定です。

鋼と同時期に放送していて当時見てました。主題歌の「Shangri-La」は当時も大好きでした。ていうかangelaの曲はだいたい買ってる。
でもなんで今頃はまったのかというのが自分でも不思議です。当時見てたのに、当時はそうでもなくて(鋼にドハマリしてたけれども)今になってこの有様。

つまり<今のわたし>の心に突き刺さる何かがあったのかなあ、なんて。
ここ最近はあまり重くて深刻な作品は見てないなあ、なんて自分でも考えてたくらいなので、そういう作品を求めていたのかもしれません。

一騎役の石井真さんも大好きです。なんだあのかわいいおじさんは、と同化イベントの時に心底思いました。やたらとかわいいんです。近頃のアイドル的な男性声優が同じイベントに出ているにもかかわらず、目は石井さんに釘付けです。キャラソン熱唱中に「2番!」とか叫んでいて本当に可愛かった。

・・・・・・そんな近況でした。 
Category * ひとりごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2015.11.04
00:26
 
原作をほんのちょっと変えた描写がちょくちょくあるけれども、それがアニメ版ハイキュー!!としてとてもいい結果になってるんじゃないかなあ、と。原作まんまではなく、アニメになった意義というのが感じられるアニメハイキュー!!が大好きです。

以下5話ネタバレ感想。

 

>>>Read more

テーマ * アニメ ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2015.11.03
23:45
 
もう5話見たけれども今更4話感想。
以下ネタバレ。

 

>>>Read more

テーマ * アニメ ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.